フォロワー1万人だとSNSの企業案件はくるのか?

Twitter

フォロワーが多いとTwitterやInstagramで

企業案件や仕事の依頼とかありそう!

と前から思っていました。

私イヤイヤウマーンの場合。

■Twitterのフォロワー

 ○1万人のアカウント

 ○1600人のアカウント

■インスタグラムのフォロワー

 ○5600人のアカウント

▪️計3つのアカウントを

保持しています。

かれこれ1月経ちましたが、どうだったか、、、

結論からいいます。

企業案件はきます❗️

ただ来るといっても、以下の2件に分類されます。

1.(イチナナ、ポコチャなどの)

  公式ライバーの勧誘

2.企業案件のような詐欺じみた案件が来る。

ただ、ちょっと夢を思い描いていた、、、

コチラ↓↓

3.リツイートしたら○○円。

商品を写真タグ付きで

紹介したら○○円っていうのは、

基本きません。

ただし、そのような形で商品提供を受ける

宣伝して収入を得るという方法はあります。

最後にその点は少しお話します。

フォロワー1万人だとSNSの企業案件はくるのか?

1.公式ライバーの勧誘

画像1

ライブ配信のエージェントをしている方からの勧誘でした。

【以下内容】

ライブ配信アプリの中で、条件の良いアプリをご案内しています。
・時間報酬型
・成果報酬型
条件はアプリによってさまざまですが、
おすすめのアプリをご案内しています。
もし詳細を知りたい場合は、お返事ください

(事務所に所属している方は、確認のうえご連絡ください。)
ご連絡をお待ちしています

ってのが、10件以上来ています。

Twitterのフォロワー6000を超えたあたりから増えましたね。女性アカウントの方がよくくるみたいですが、男性アカウントでもライバーの勧誘はきます。

まだ一切やってませんが、

始めた場合はまた、ご報告しますね。

2.企業案件のような詐欺じみた勧誘について

画像2

フリーランスの講師勧誘のDMでした。

【内容】

業務委託で講師を務めてほしいとの依頼でした。

フランチャイズでのお仕事となりますので、
1件単価33万円の報酬が可能となりますが、
月額1万5000円の情報使用料が必要となります点ご留意くださいませ。

とのこと。

なるほど、藁にもすがる思いで

メールで問い合わせしました。

【問合せ内容】

でその33万円のお仕事の1件は企業側がクライアント【お客さん】を呼んできてくれるの?

と質問したところ、

【回答】

それは業務委託側で探してこいとのこと。

うん。情報使用料の1万5000円を毎月

徴収する手法ですね。

↑【画像】の企業さんとは年末年始

 のやりとりでした。

年末年始の31日、1日に働いてるような

ブラック企業さんとは、

取引するつもりは、ありませんね^_^

まず、フリーランスで講師をするにあたり

顧客を集めるのは相当な労力と苦労を要するところ。

営業も業務委託先で、頑張ってやってね!

って感じですが、まず、顧客を集めるスキルがあれば最初から自分1人で稼げますね。業務委託するメリット0です。

フォロワーさんが増えると、アカウントの乗っ取りや、詐欺まがいの案件が増えます。気をつけて行きたいですね。

ここからは、YouTuber等がよくやっている企業案件

商品紹介したら○○円って内容についてお話します。

3.企業案件をもらう方法

本題の前に、、、

FF比ってご存知ですか?

F(フォロー):F(フォロワー)の比率のこと

です。

私のツイッターアカウント

仕事イヤイヤウマーン@カイジ

【@09891339】は

フォロー8900人 フォロワー1万人

おおよそ1:1

有名人や芸能人だとそれが、

1:9や2:8などになりますね。

案件ってそういう有名人や芸能人

のみでしょ?って思われる方もいるかも

ですが、私のアカウントでも

相互フォローアカウントでも

企業案件で商品紹介ができます。

まず、方法なのですが、

ズバリ自ら営業をかけること。

私のアカウント

↓の記事でも記載していますが、

○Twitterに関しては1ツイートあたり

 最大1000いいね

 平均200いいね

○Instagramでは、1投稿あたり

 平均200いいね

をもらっているアカウントです。

そのアカウントの効果もあろうかと思いますが、

単純な相互フォローアカウントでも

自ら営業をかけることで、案件を獲得できます。

では、どのように私が営業をかけているのか。

そして1月でいくら稼いだのか。

をお話します。

まず、

1月あたりの稼ぎですが、

12月は、

商品提供4つ

報酬7000円

が12月の収益でした。

コメント

  1. […] […]