大学職員が考える大学時代にやっておくべきことトップ5

大学とは

大学時代にやり残したことってありませんか?

私は、けっこうありますねー。大学生でしかできないことってのがあったりします。

大学卒業後大学職員として働く私の目線で

大学時代にやっておくべきことを綴りたいとおもいます。では、第5位から

第5位:授業をちゃんと受ける。

大学の授業料ってバカ高いんですよね。

では、私は私学に通っていましたが、しっかりと

授業に出て単位をとったり、資格をとったりしたほうがよかったな

と思います。具体的には教員免許とってみたりとかしたらよかったなと・・・

第4位:サークルや部活に入る

私は途中でサークルを抜けたんですけど、サークルとかそういう大学の集まり

って結構大事だなーって思います。

人間1人では生きていけません。いろんな人とコミュニケーションをとって

大学生活を過ごしましょう

第3位:旅行

社会人はやはり長期休暇が取りづらいです。

旅行はガンガンいっておけばよかったなと思いますね。

特にヨーロッパやアメリカ等比較的遠くにいっておけばよかったなと

ほんとに思います。旅行・・・・いってください。

第2位:バイト

アルバイトって、いろんな経験が身につくと思います。

飲食であれば、ホールで注文をとってスムーズにオーダーを流す

ガソリンスタンドであれば、ガソリンを素早く入れて、車の窓をサッと拭く

コンビニであれば、棚卸、レジ打ち、その他サービスの対応

社会人になる前に社会に触れる一番の機会かと思います。では、第1位は・・・

第1位:資格取得

今思う第1位は資格取得です。

第5位と少しかぶりますが・・・

大学生って時間あります。社会人になってから資格をとろうと思っても時間が大学生ほど確保できません。

運転免許、宅建、英語検定資格などなど

取れる資格、興味のある資格はとっておきましょう!

【以下記事は参考程度にごらんください】

なぜ大学職員は受験生にIERTS(アイエルツ)を進めるのか
IERTS英検、TOEIC、GTEC、ケンブリッジ英検等々様々な英語検定資格がある中最近最も注目されているのがこちらIERTS(アイエルツ)です1点目」:国際通用性が高い入試でも、留学でも使える...

トップ5以外の≪番外編≫

でも、一番は友達つくって、飲みにいったりお茶したり

一緒に授業を受けたり、大学生が当たり前にやってることを

単純に楽しめればそれでいいんじゃないかなーって思います。

大学生活

一言でいうと

自由です。

どんな時間の使い方をするのか。

何に一番大学生活を捧げるのか。

悔いのない選択をして欲しいと思います。

コメント

  1. […] 大学職員が考える大学時代にやっておくべきことトップ5 早稲田のAO・推薦型6割募集について大学関係者が「裏事情」を勘ぐると (第一話) 早稲田のAO・推薦型6割募集について大学関係者が「裏事情」を勘ぐると (第2話) 早稲田のAO・推薦型6割募集について大学関係者が「裏事情」を勘ぐると (最終話) コロナのせいで私大の地方入試が危ない IERTSはほぼ毎週実施しています。 受験で必要な方等は今から1か月対策してIERTS取得したら推薦系(総合選抜入試に間に合いますよ! では、IERTS対策はこちらから! […]

  2. […] 大学職員が考える大学時代にやっておくべきことトップ5 […]