大学職員が2つ見つけた一般入試の出題範囲変更【特別配慮】

大学とは

関東学院は

一般入試への出題範囲等に関する特別配慮

個別試験においては、新型コロナウイルス感染拡大に伴う長期間にわたる休校措置に配慮し、「発展的な学習内容」については、出題範囲外とします。

関西学院は

【出題範囲等の配慮】
 一般入学試験の出題範囲について、教科書において「発展的な学習内容」として記載されている内容から出題いたしません。

上記の背景には、2021年度の入学者を選ぶ大学入試全体の指針「大学入学者選抜実施要項」がある。これに基づいて動いた形だ。

2つの関学が一般入試の配慮として先頭を切って配慮を表明しましたね。

国公立大学も配慮に動きそうですし、これはこの方向で今年度は動きそうですね。

【大学入学者選抜実施要項】

科目(数学Ⅲ,物理,化学,生物,地学,世界史B,日本史B,地理B,倫理,政治・経済など)の個別学力検査において,入学志願者が解答する問題を選択できる出題方法

教科書において「発展的な学習内容」として記載されている内容から出題しない,あるいは出題する場合においても,設問中に補足事項等を記載するなど,特定の入学志願者が不利にならない設問とすることなどの工夫を行うものとする

選択問題できる出題方法。発展的な学習内容を出題しない。

各大学の動きですがこれからは。

どうでしょうね。。

大学関係者として、思うこと。

もう問題作成済な大学ってけっこうあるとおもうんですよね。

あとは、印刷だけってとこもあるんじゃない??

てことは、補足資料くばったり、問題を構成しなおして選択問題にかえたりしてる可能性が高いよね。

受験生の皆さんは使ってる参考書を変えましょうね。

重ね重ねになるけど

選択問題が増えることが見込まれる。そして、発展的な問題はでない。

では、このへんで。ビーン

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村