なぜ大学職員は受験生にIERTS(アイエルツ)を進めるのか

大学とは
IERTS



英検、TOEIC、GTEC、ケンブリッジ英検等々様々な英語検定資格がある中

最近最も注目されているのがこちら

IERTS(アイエルツ)です

1点目」:国際通用性が高い

入試でも、留学でも使えるってところですね。

140ヵ国、合計10,000以上の機関が認定しています!

アメリカやイギリスなどへの留学や研修の英語力証明をはじめ、イギリス、

カナダ、オーストラリアなどへの海外移住申請に最適なテストです。

また日本国内での入試でも採用が広がってきておりその通用性の高さを証明しております。費用が20000円ちょっとですが、ワールドワイドに使える点を考慮するとやはり、妥当かと思いますね!

2点目:Face to Face

本当に使える英語は、コミュニケーション力が大切ですよね。

資格とっても喋れない。理解できないじゃ意味ないと思いませんか?

だからIELTSテストのスピーキングは面接官との対面式を採用しています。

1対1の Face to Faceのスピーキングテストは英語力を試す

最も効果的で自然な方法ですよね

3点目:慣れたテスト形式

IELTS受験者数は年間350万人以上です。

想像できますか?横浜市の人口と一緒ぐらいです。

それぐらいの大人数がこの受験を受けています!!

その人気の理由の一つはテスト形式。

筆記テストでは紙と鉛筆の為、日本人にとってはなじみやすいのが特徴です。

日本でも大学生を中心に、受験者数が増えています。

これからはIELTSのブームが来ると思います。

ではIERTSの難点は?

はい。あります。

四国でやってません。毎週やってるのにね・・・・

四国の人ごめんなさい。

テスト結果について

テスト結果はいつごろ分かるのか?

原則、筆記テスト13日後に成績証明書を郵便にて発送です

また同日13:00以降、マイページにてテスト結果を閲覧できるんです

急ぎで英語検定資格がいる人はIERTSが一番お手軽にとれますねーー!

また、重複しますが、IERTSはほぼ毎週実施しています。

受験で必要な方等は今から1か月対策してIERTS取得したら推薦系(総合選抜入試に間に合いますよ!

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

ばいばい!

コメント

  1. […] なぜ大学職員は受験生にIERTS(アイエルツ)を進めるのか […]