高校受験や大学受験で失敗しない方法は?

大学とは





  

高校受験でどの高校を選ぶ?

それって、今後の人生を左右する非常に重要な選択です

大学職員の立場から高校生には、人生設計を考えて文系理系を選択しろ

大学も就職を意識して決めろ

とは言いますが、中学生に人生を決めた選択をせよ

とはなかなか言いづらいところです。

そこで、もしブログをみていただいている中学生の保護者の方がおられたら

いろんな選択肢を教えてあげてください。

思春期真っ盛り

ほとんど何言っても通じないとは思いますが、

まだまだ15歳14歳は子どもです。

大人からのアドバイスが大事です。

では、大学職員の立場から失敗しない高校選択としては何を伝えたいか

3パターンの例からお伝えします

〇その1 生徒さんが進路を決めている場合

前述と全く違ったことを言いますが、

 生徒さんがここに行きたいっていうのであれば、その進路を応援してください。

14歳15歳(中学2年生・3年生)で7月のこの時期に行きたい高校が定まっている

この場合生徒の意思を応援してほしいです。

それが親の立場からみて微妙だと思っても、主体的に選んだものを否定すると

生徒のモチベーションが下がり大抵うまくいきません。

この場合は選択を応援してほしいところです

その2 進路が決まっているが、学力が足りない場合

学習時間の見直し、塾に通うわせる、塾をかえる、使ってる問題集をかえる等々

行動が必要です。

何もしない場合大抵うまくいきません。

行動の変容が必要です

中学3年生中学2年生でこの時期に何も考えてない場合

中学3年生は黄色信号です

中学2年生はまだまだそんなもんです

中学3年生の場合オープンスクールにガンガン行かせたり、学習塾に無理やりにでも通わせて本人の気持ちのベクトルをなんとか上向きにしてみてください。

ただし、時には黙って見守ることも大切です。

あまりにも勉強しろ進路きめろ

と保護者が言いすぎると大反発してあまりうまくいきません。

バランスが大切です。

最後に(余計なひとこと)

進路について今やってる部活や希望進路の偏差値、校風等

いろんなことが気になると思いますが、進路選択は本人が決めることが大切です。

当人が選べるように導くことも親の務めかと・・・

さらに余計なひとこと

親と子で希望の進路で意見が食い違う。

私は全然いいことだと思います。

だだし、その場合しっかりと話し合ってください。

このケース結局親が言った意見に泣く泣く子どもが折れるケースが大半です。

ただし、お子さんの意見についてしっかり耳を傾けてください。

生徒自身がしっかりと考え選択した進路です。決して否定から入らないことが

ここまでは、メンタル的内容

行きたい大学や高校がみつけられません

はい。これよく聞きますね。

そんな時は行動してください。

オープンキャンパスに行く!
これだけでイメージもモチベーションも上がります。

関東・関西・中部・北陸と超進学校は

大抵東京大学にキャンパスツアーに学校単位で行っています。

10人20人と合格者が出ますが、そこで大学のイメージをつけているのかもしれませんね。

≪その他大学選びのポイントについて以前の記事はコチラ≫

大学を選ぶポイントとは?
偏差値で大学選んでいませんか?今から伝えることは、国公立大学至上主義の地方進学校で高校生活を送り周りが国公立大学目指して勉強してるから・・・それに流されて勉強して大学を目指していた私の経験談をもとに...

ただし、コロナの影響でオープンキャンパスやってません。

各大学WEBオープンキャンパスに切り替えていますね。

このWEBオープンキャンパスですが、

関東・関西ともにWEBにシフトチェンジしている模様です

主な大学の日程を上げていきます!

東京大学

オンライン配信を予定

慶応大学

8月21日にWEB配信

早稲田大学

8月下旬に

大学の特色や、各学部の概要、実際の講義を映像コンテンツ等でご紹介する情報サイトを準備中です。詳細は8月下旬頃に入学センターウェブサイトにて

近畿大学

7月26日(日)・8月23日(日)・9月23日(日)

WEBオープンキャンパス

学校に来ないでくださいとでかでかと載せてましたね。。。

では、WEBオープンキャンパスって何するの?

〇学校によっては、オンラインで個別相談を行う学校もあるとか!

〇学校によっては、模擬講義をオンライン公開

〇入試対策の講座を公開

等々通常のオープンキャンパスと同じコンテンツを行うみたいですね。

だから、

みなさん是非WEBオープンキャンパスへいってみてください!

受験で必要な方等は今から1か月対策してIERTS取得したら推薦系(総合選抜入試に間に合いますよ!

では、IERTS対策はこちらから!

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

また、私が最近始めたのはブログです。

もし始める方おられたら、ドメインはここが最安値でしたよ!

 

ばいばい!

コメント

  1. […] […]