大学入試について大学職員が語るポイント2つ

未分類

 


2021年度の入学者を選ぶ大学入試全体の指針「大学入学者選抜実施要項」を発表した。

この大学入学者選抜実施要項に基づき

各大学(国公立問わずは総合選抜入試(AO入試)・一般入試を実施します。

大きなポイントはこれ。

共通テストの日程

大学入学共通テストの本試験を「第1日程」、2週間後の追試験を「第2日程」とし

、休校で学習が遅れた現役の受験生が選べるなどの配慮事項を盛り込みことだ。以下スケジュール参考

② その上で試験期日等は以下のとおりとする(第4 再掲)。

(ⅰ) 令和3年1月16,17日 ➡通常の共通テスト

(ⅱ) 令和3年1月30,31日 ➡追試験①(現役生:学業の遅れを理由

に当該日程を選択する者を対象と例年度同様の病人対応(ⅰ)を疾病等の理由で受験できなかった

者対象 ※(ⅰ)の追試験としても実施。

(ⅲ) 特例追試験令和3年2月13,14日

現役生:学業の遅れを理由に(ⅱ)を選択した入学志願者の例年度同様の病人対応(ⅱ)の追試験

国公立・私立の受験日をその日程に当て込むと以下の通り

個別試験は21から私立大、同月25日から3月にかけ国公立大の前中後期試験を順次実施する予定通りの日程とした。

要項では高3で履修することの多い数学や理科などで出題方法を工夫するなどの配慮を求めた。

出題方法については、またまとめます。

文科省は要項と同時に、入試実施時の新型コロナ対策の指針を示した。

〇会場準備では、受験生の数を収容定員の半分以内にとどめ、座席間はなるべく1メートル程度確保し、

〇体調不良者のための別室を設けるなどとした。

〇試験当日には「昼食時を除き、マスクの着用を義務付ける」と明記した。試験室ごとの手指消毒の義務付けや、少なくとも1科目終了ごとの換気の目安も示した

➡受験生にどんなことが起こるかというと、入試会場がとんでもないところに飛ばされる可能性が・・・・

EX:高校3年生(受験生)私は浜松在住の受験生だ。
お兄ちゃんはある関東の私立大学を受けた際
、試験地は地元の浜松であった。

一方私は、同じ学校受験したのに浜松ではなく、名古屋だった。。。。

これ起こりえます。別室、収容定員半数とか大学側会場もってませーーーん。

    あと半年後の会場押さえなんてすべての大学が受験してるんですからとれるわけありません。

    受験生は地元会場があっても遠方会場にとばされることを覚悟しましょう。

総合型選抜については,入学願書受付を令和2年9月15以降とし,その判定結果を令和2年

11月1日以降に発表する。

➡結局総合選抜は2週間後ろ倒しですね。

出も気をつけてほしいところは、願書受付ってところ。

試験日は変わらないかもしれませんよ。

その点もお気をつけて・・・

ここからがポイント

出題範囲について

各大学は,大学入学共通テストの科目指定に関し,第7の3に示す2年程度前の予告・公表の

例外として,各大学のアドミッション・ポリシーを踏まえ,例えば,高等学校第3学年でも履修

することの多い地理歴史,公民,理科の2科目指定を1科目に減じることや,指定科目以外の科

目への変更を認めるなどの配慮を行うよう努めるものとする。

また,各大学の個別学力検査の出題範囲等に関し,高等学校第3学年でも履修することの多い

科目(数学Ⅲ,物理,化学,生物,地学,世界史B,日本史B,地理B,倫理,政治・経済な

ど)の個別学力検査において,入学志願者が解答する問題を選択できる出題方法とするなどの配

慮を行うことや,教科書において「発展的な学習内容」として記載されている内容から出題しな

い,あるいは出題する場合においても,設問中に補足事項等を記載するなど,特定の入学志願者

が不利にならない設問とすることなどの工夫を行うものとする

発展的な学習内容・・・この解釈がむつかしい。

各大学がどう対応するのかが、、ポイント。