うつ状態と診断されて、今後の参考のために

本日の暮らし

5月下旬に職場で涙が止まらなくなって、

あれよあれよと事が進み

病院に行って鬱状態という診断書が

出ました。

自分自身の今後の参考になったらと思って

いろいろまとめておきたいと思います。

まず書いてるだけで頭痛い。

手足の震えが止まらない。

過去2回、3回ほど同じような事になったことがあるため、その時の状況から追って記載したいと思う。

社会人生活でのもともとの状況

社会人10年近くやってますが、入社2年目の

終わりごろ一度

同じような状態になっている。

まず、あの時は職場にたどりつけない。

手足の震えが止まらない。

足が硬直して職場につけない。

目が開けてられない。

しゃべってると、吃逆が出たりする。

考えが纏まらない。

やる気がわかない

楽しいという感情がない。

テレビが全く面白くなくなった。

たった5行ぐらいの簡単な書類を作るのに語尾が

です。なのか、ますなのかみたいなのがわからなくて

資料が作れない等があった。つまり、まとまらない

社会人3年目の7月上旬

職場の人に勧められて

心療内科行って処方された薬飲んだら

気分悪すぎて翌日通勤中に

職場まで、見ず知らずの人3人ぐらいに

鞄持ちましょうか?大丈夫ですか?とか

言われるぐらいだったから相当やばかったんだと

思う。その時は眼振(めまい、吐き気)があって

そのまま入院。

その後、大学病院とか行ったし、神経内科とか行ったけど

検査しても何も出ない。

結局、薬飲みたくなかったから病院も行かなくて

夏に2回2週間ほど休んで、冬も2週間ぐらい休んで

ってのがありました。あとあと書くんだけど、そ

の時は自分が鬱だとは一切思っていない。

と言うか認めたくないというところがかなり強い。

ただ今思うとあきらかにその時もうつ状態。

自分が考えるこうなった理由

そもそも、遡ると最初に症状が出たのは大学2年

の最初だったと思う。症状は手の震え。

今客観的に考えるとあの頃も本当に

追い詰められてた。

①まず、部活は半分マネージャー転身して気持ちが落ちた。

②部活は周りのレベルも高すぎて練習も人間関係も追い詰められすぎた。

③それに加えて、朝も深夜もバイト行ってた

④実習やら単位取得や、マネージャー業務やらもしんどすぎた

⑤家の事で問題もあった。

↑結局春合宿ぐらいで、震えがやばくて途中離脱して

実家に帰省した気がする。神経内科行ったけど結局

何も出ず。精神的なものなのでは?ってお医者さんは

言うんだけど、認めたくなくて、大学時代は頸のヘルニアが理由って言い聞かせてたと思う。

ヘルニアも結局病院行ったけど、なかったはず。

たしかその時も気分の落ち込みはあったような、、

結局部活を長く休むというのを2回ぐらいやってると思う。

コメント