鬱っぽい時の治し方や方法は何故そうなったのかを勉強すること『メンタルヘルスマネジメント検定』

おススメ商品

職場の過酷な労働環境の結果、

働く気力がなくなり、とてつもない無気力

頭が回らない。

夜寝れない等の状態が3ヶ月続き

薬飲んでも全く改善しないため、

自分なりになんでそうなったのかを研究した結果

鬱について勉強した方が良い

という結論に至り

勉強を初めてました!!

どうせなら何か関連した資格とかないかな?

と探したところピッタリのものがあったので

ご紹介します!

このブログは、

鬱っぽい方、

うつ状態の方向けの内容です。

少しでも状況がマシになると良いですね!

鬱っぽい時の治し方や方法は何故そうなったのかを勉強すること『メンタルヘルスマネジメント検定』

メンタルヘルスマネジメント検定とは

鬱について良く学べるものそれは、、、

メンタルヘルスマネジメント検定です

メンタルヘルス・マネジメント検定とは、大阪商工会議所が実施する産業精神保健に関する検定である。I種・II種・III種の3つのコースがある。商工会議所法第9条による公的資格に分類される

(Wikipediaより引用:2022年11月21日)

そもそもメンタルヘルスとは?

そもそもメンタルヘルスとは、心の健康や精神衛生のこと。最近は働く人のストレスや心理的負担を減らし、心の病気や不調を未然に防ぎ、心身ともに充実した健康状態を目指そうという意味合いでも使われます。

現代において、メンタルヘルスの問題は、誰にでも起こる可能性があります。慢性的な人手不足の企業も多く、ストレスを感じる働く人は年々増加傾向にあり、実際に日本におけるメンタルヘルス不調による労災請求件数は毎年増加しています。このような背景から「メンタルヘルス」という言葉が広く知られるようになりました。

参照:厚生労働省「令和元年度「過労死等の労災補償状況

このメンタルヘルスマネジメント検定の勉強をするとどんなメリットがあるのか?

まず、この参考書の内容が非常に充実しています!

この公式テキストで良いと思ったフレーズを

ご紹介します!

『認知のゆがみ』

落ち込みやすい人の特徴は、ちょっとした失敗を

取り返しのつかない失敗だと、考える独特の

『認知のゆがみ』があり、

その認知が気分(憂鬱)、行動(活動の低下)、

身体反応(頭痛、倦怠感)に悪影響を与える

これが、さらに、非合理的な認知を引き起こし

ぐるぐると悪循環を得て抜け出せなくなる。

その悪循環を認知を修正し行動パターンを断ち切る

『これを認知行動療法』と呼ぶ

あ、めっちゃわかる!

と思いましたね。

鬱っぽい時は認知!『思考』や考え方が歪んでるで

考え方を改めていけば結構楽になります!

例えばこちらのYouTube等も参考になります

学識サロンさん

【神本】不安がある人は今すぐ読んでください! 『1秒で不安なくなる大百科』

○○しなきゃ行けない!

とか、

○○でなくてはダメなんだ!

ってのは全部妄想なので、

物事の捉え方を変えましょう!

(ちなみに、学識サロンさんで紹介している本は

コチラ)

1秒で不安なくなる大百科

例えば、残業が嵩みしんどい時

残業が嵩み長時間労働で辛いな、、、

ではなく、この仕事はこんなにも仕事量がある

しばらくは倒産することはない!安泰だ!

↑とポジティブに認知することが大事である

なかなか難しいけど、

物事の捉え方『認知』を変えるべく

過ごしていきましょう!

怒りの原因

その他にも何故怒りの感情が出てくるのか?

怒りは

自分が相手に

「わかってほしい」

「こうあってほしい」

「味方でいてほしい」

という過剰な期待や要求が、

そうはならない現状に

「怒り」という感情が出ます。

つまり、勝手に怒りっぽい人は


自分の他人への評価を

一度下げまくることをオススメします。

まとめ

その他にも、ストレスの緩和方法や

職場のストレスの要因等

比較的取っ組みやすい内容になっています!

問題集とセットで購入することがオススメです!

  1. 労働者個人コース(セルフケア)
  2. 管理監督者コース(ラインケア)
  3. 企業組織コース(計画づくり)

と、3つありますが、

労働者個人コース(セルフケア)から

勉強していきましょう!

ちなみに試験は半年に1回春と秋

選択問題のみ2時間、

100点中70点以上が合格基準で、

受験料は4,400円(程度)です。

公式テキスト

過去問題!